イベント&ニュース イベント&ニュース

【7月1日開催】「岩嵜香織&平山サンペイ惠勇&古垣未来&佐藤哲」のお知らせ

2016.05.09

いつも、GINZA Lounge ZEROをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
7月1日(金)に行われる、「岩嵜香織&平山サンペイ惠勇&古垣未来&佐藤哲」のお知らせです。

岩嵜香織&平山サンペイ惠勇&古垣未来&佐藤哲

ステージ詳細

岩嵜香織(tp)、平山サンペイ惠勇(dr)、古垣未来(pf)、佐藤哲(b)のステージをお楽しみください。

【日時】

7月1日(金)
open 18:00
start 19:30(2ステージ)

チャージ:前売り¥3,000/当日¥3,500(税別)
※若干の変動がある場合があります。

【profile】

◆岩嵜 香織
1978年9月12日 生まれ。神奈川県出身。
洗足学園大学短期音楽科ジャズコース卒業、原朋直氏に師事。洗足学園以外では、クラシックトランペット奏法を梅田直氏、ジャズヴォーカルを長田明子氏、音楽理論を深井克則氏に師事。
11歳で小学校の鼓笛クラブに入部、トランペットを手にする。中学校、高等学校ともにブラスバンド部に所属。高校2年生の時「黒沢春充とブルーサウンズオーケストラ」に参加。
コンサート、イベント、パーティーなどでの演奏活動を開始する。
ディジー・ガレスピーやクリフォード・ブラウン、ブルー・ミッチェル等の黒人トランペットプレイヤーに強い影響を受け、ビ・バップを基本としながら、幼少時より【トリオ・ロス・パンチョス】に影響を受けたラテン・ミュージック、ファンク、R&B など主催ライブのジャンルや編成も様々で、クラーク・テリーのような「Happy Jazz」を得意とする。
女性プレイヤーならではの繊細な感性と見た目とのギャップに誰もが驚く、渋く力強い、そしてシルクで包み込まれるような音色には定評がある。

◆平山サンペイ惠勇
1954年3月2日 大阪で生まれる。
1973年 田中武久(P)トリオのメンバーとしてプロデビュー。その後、轟剣治(Ts)クインテット〈名古屋〉、米田正嘉(P)グループ〈京都〉に参加。
1978年 鈴木勲(B)に認められ上京。僅か2年で6枚のアルバムを残す。
1981年 本多俊之(As)率いるバーニングウェーブのメンバーとしてアルバム“ブーメラン”の全国ツアーに参加。タモリの“今夜は最高”の全国ツアーに参加。ツアー終了後、中本マリ(Vo)&スパンキーに加わる。大徳俊幸(P)と共に“WALKIN”を結成し、アルバム“WALKIN”を製作。
1988年~ 今田勝NOW INに加わりアルバム“アジャ”“ディアフレンズ”etcをレコーディング。またこの間、伊藤君子・深井克則・坂井紅介・鈴木宏昌・松本英彦・高橋達也etcのグループにも参加。
1998年 ギルエヴァンスに絶賛されたピアニスト、トム・ピアスン率いるトリオやビッグバンドに参加。
1999年 阿川泰子(Vo)のツアーにメンバーとして参加。
2000年 五十嵐はるみ(Vo)のアルバム“サムシング”に参加。石井竜也の船上コンサートに参加。
2003年 アジア5カ国(韓国、シンガポール、香港、マレーシア、日本)のミュージシャンが終結した《アジアンスピリッツ》のメンバーになり、韓国(ソウル)で1stコンサートを行う。
2004年 アジアンスピリッツでフィンランドのポリジャズフェスティバルに出演。

◆古垣未来(ふるがきまき)
玉川大学芸術学科作曲専攻卒業。現在、鍵盤奏者・アレンジャーとして、アーティストのライブサポート、レコーディング、劇伴音楽製作等を中心に活動中。
リットーミュージックより、ピアノ教則本「ピアノのコードの押さえ方から弾き方までが身につく本」を出版。

◆佐藤 哲(さとうさとる)
青森県弘前市生まれ。
中学時代フォーク・ニューミュージックで音楽に目覚めギターを弾き始める。
高校時代にエレクトリックベースを手にしバンド活動をスタート。
1990年代初頭よりライブ、レコーディング等のプロ活動を開始。
以来ロック、ポップス、ジャズなどジャンル・スタイルを問わず、全国津々浦々で演奏活動中。

一覧へ戻る